「Scrollbar Anywhere」の使い方

公開日: : 最終更新日:2014/07/30 仕事効率化 ,

拡張機能「Scrollbar Anywhere」の使い方を紹介します。

Scrollbar Anywhereとは

Scrollbar Anywhereは、どこからでも画面をドラッグして動かすことができる機能です。

Scrollbar Anywhereのインストール

Chrome ウェブストア   Scrollbar Anywhere

拡張機能追加

Scrollbar Anywhereの使い方

インストールが終わったら、機能は有効になっています。

オプションから細かく設定することができます。

メニューからツール→拡張機能を選択し、Scrollbar Anywhereのオプションをクリックします。

すると、このような画面が開きます。

 jdi3jD903dDiKD2

 

上から順番に説明していきます。

Button

機能を使うボタンを3種類の中から選ぶ事ができます。

Keys

各キーにチェックを入れると、それらのキーを押している間のみドラッグが有効になります。

「Don’t drag when clicking on text」

チェクを入れると、テキストを選択している際にドラッグが無効になります。

「Change cursor while dragging」

チェックを外すと、ドラッグする際にアイコンが変化しなくなります。

Grab and drag

「Use Grab-and-drag style scrolling」

チェックを入れると、ドラッグで進む方向が反転します。

Scaling

ドラッグで動く量が設定できます。

0%にすると動かなくなります。

Top Speed

ドラッグをやめてから動く速さが設定できます。

0に設定すると、ドラッグをやめてすぐに止まるようになります。

Friction

摩擦を設定できます。

これと、「Top Speed」によってドラッグをやめてから動く時間と移動量を設定できます

個人的感想

なれると使いやすい機能です。

スマートフォンなどを利用している場合は、反転したドラッグに設定すると使いやすいかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

Chrome ウェブストア   Linkclump

「Linkclump」の使い方

拡張機能「Linkclump」の使い方を紹介します。 Linkclumpとは Linkclu

記事を読む

Chrome ウェブストア   ZenMate

「ZenMate」の使い方

拡張機能「ZenMate」の使い方を紹介します。 ZenMateとは ZenMateは、トラ

記事を読む

Chrome ウェブストア   Disconnect

「Disconnect」の使い方

拡張機能「Disconnect」の使い方を紹介します。 Disconnectとは Disco

記事を読む

Chrome ウェブストア   New Tab  New Window

「New Tab, New Window」の使い方

拡張機能「New Tab, New Window」の使い方を紹介します。 New Tab, N

記事を読む

Chrome ウェブストア   Calculator   電卓

「Calculator」の使い方

拡張機能「Calculator」の使い方を紹介します。 Calculatorとは Calcu

記事を読む

Chrome ウェブストア   Tab Count

「Tab Count」の使い方

拡張機能「Tab Count」の使い方を紹介します。 Tab Countとは Tab Cou

記事を読む

Chrome ウェブストア   PanicButton

「PanicButton」の使い方

拡張機能「PanicButton」の使い方を紹介します。 PanicButtonとは Pan

記事を読む

Chrome ウェブストア   Easy Auto Refresh

「Easy Auto Refresh」の使い方

拡張機能「Easy Auto Refresh」の使い方を紹介します。 Easy Auto Re

記事を読む

Chrome ウェブストア   Faster Chrome Pro

「Faster Chrome Pro」の使い方

拡張機能「Faster Chrome Pro」の使い方を紹介します。 Faster Chrom

記事を読む

Chrome ウェブストア   Copy All Urls

「Copy All Urls」の使い方

拡張機能「Copy All Urls」の使い方を紹介します。 Copy All Urlsとは

記事を読む

PAGE TOP ↑